身長遺伝関係

子供の身長は遺伝するのか?身長と遺伝の関係と効果的に身長を伸ばす方法!

子供の身長は遺伝するのか?身長と遺伝の関係と効果的に身長を伸ばす方法!

子供は、両親の遺伝子を受け継ぐので、身長も遺伝子の影響があります。

 

ですが、子供の成長は、子供が生まれてからの環境に大きく依存します。

 

子供の身長の伸びに大きく影響する要素が、「栄養素」、「運動」、「睡眠」です。

 

小さな時から、この3つを正しく実践していれば、子供の身長はぐんぐん伸びていきます。

 

 

子供の身長を伸ばすのに必要な栄養素と食品は?

子供の身長と運動!身長を伸ばすために楽しんで運動するのが重要です!

子供の睡眠と身長の関係!身長を伸ばすならシッカリ寝ることが重要です!

子供の身長の伸びは遺伝の要素は小さい

子供の身長が遺伝に影響される割合は、およそ25%ほどです。

 

同じ日本人の身長を調べてみると、戦後と今とで、10センチ以上差があります。

 

歴史的に見ても、江戸時代が最も低く、縄文時代が高かったことも分かっています。

 

同じ日本人の遺伝子で、その生活習慣でまったく身長差が出ていたのです。

 

こうしたことから、子供の身長は、あなたたちのサポートでいかようにも変わってくるのです。

効果的に身長を伸ばすには?

効果的に身長を伸ばすには、「栄養素」「運動」「睡眠」がとても大切です。

 

栄養面では、骨の成分であるタンパク質、カルシウム、マグネシウムが必要であり、成長ホルモンの分泌を促すアルギニン、亜鉛がとても重要です。

 

そのうえで、栄養素の吸収や保持をサポートする成分が必要なため、バランスよくすべての栄養素を取り入れていることが重要なんです。

 

運動面では、全身の代謝を上げる有酸素運動や、骨に刺激を与えるジャンプ運動が重要。
バスケットボール、バレーボール、ジョギングが身長を伸ばすというのはこのためです。
ただし、重量挙げや過度な運動は細胞を壊すため身長を伸ばしたい成長期には厳禁です。

 

睡眠は、成長ホルモンの分泌を促したり、成長期を伸ばすうえでとても重要です。
特に、小さなころからたくさん寝ていると、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が盛んになってくれます。
メラトニンには、思春期を遅らせる効果があり、成長期が伸びることにより身長を伸ばす期間が長くなります。
高身長を目指すなら、たくさん寝ることです。

最後に

遺伝は身長にはあまり関係しません。
遺伝よりも、栄養素、運動、睡眠が大切です。

 

昔からよく食べ、よく遊び、よく寝る子は育つといわれるのは、正しいことだったんです。

 

両親の身長が低くても、正しい生活をしていればぐんぐん身長は伸びます。

 

子供の身長が伸びるのは成長期だけです。

 

シッカリサポートしてあげましょう。

 

 

子供の身長を伸ばす効果があるサプリを徹底解説!


ホーム RSS購読 サイトマップ