子供の身長を伸ばす栄養素

子供の身長を伸ばすのに必要な栄養素と食品は?

子供の身長を伸ばすのに必要な栄養素と食品は?

子供の身長が伸びるということは、骨が伸びる必要があることです。
骨が十分に伸びるには、骨を構成する栄養素が必要です。

 

そして骨を構成する栄養素というのが、タンパク質、カルシウム、マグネシウムです。
骨の細胞分裂を促すには、成長ホルモンが分泌されている必要があり、骨の細胞形成に亜鉛も必要になってきます。

 

また、骨を伸ばすためには、成長ホルモンの分泌が必須。
成長ホルモンの分泌を促す栄養素は、アルギニン。また、成長ホルモンが体内で作られるには、タンパク質や、亜鉛が必要です。

 

さらに、栄養素の吸収や体のめぐりを考えると、鉄分、銅、各種ビタミン類、ミネラルと、いろんな栄養素がバランスよく必要になってくることが分かります。

 

身長を伸ばすには、すべての栄養素をバランスよく取り入れる必要があり、不足することで身長が伸びない原因になるのです。

 

日本人の子供は、不足なの?

戦後の日本人と現代の日本人の身長を比べてみると、今の日本人が10センチ以上平均身長が高いです。
これは、栄養面が充実していることにより、身長が戦後よりも伸びてきているのです。

 

学校給食での食事、各家庭の食事で、栄養素が劇的に不足することがなくなったという点では、日本人の子供は栄養不足ではありません。

 

平均的には、戦後よりも栄養面では恵まれていますが、各個人を見ていくと、栄養面で不足している子供はいます。

 

栄養不足なのを、厚生労働省が発表した野菜不足に関しての資料です。
それによると、日本人は、概して野菜不足です。

 

 

多くの日本人が野菜不足であり、子供も同時に野菜不足になっています。

 

また、身長を伸ばす点から行くとアルギニンやタンパク質が不足しているのです。

 

健康な子供の身長の伸びがアルギニンやたんぱく質に依存します。

 

高身長国のオランダと比較して、日本人の平均身長は、10センチ以上も低いのです。

 

この身長差を埋める要因の一つがアルギニンとタンパク質。

 

身長を伸ばすのなら、アルギニンやタンパク質をしっかり食べるようにしてください。

身長を伸ばす栄養素と食べ物:アルギニン

アルギニンは、脳下垂体に働きかけて、成長ホルモンの分泌を促す栄養素です。
子供の身長を伸ばすにはとても重要ですが、実は十分に摂取できていないのが実情です。

 

そのため、十分なアルギニンが毎日摂取できるように食事を工夫することも大切なこと。

 

アルギニンが含まれる食べ物は、肉類(牛肉、豚肉、鶏肉)、豆類(納豆、豆腐、豆乳など)、乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルト)、ナッツ類などに多く含まれます。

 

ただし、肉類や乳製品には脂質がたくさん含まれるので、食べすぎは高カロリーとなり太ってしまうと身長の伸びが小さくなってしまいます。

身長を伸ばす栄養素と食べ物:タンパク質

タンパク質は、骨や筋肉を作るのにとても重要な栄養素です。
骨を作る際には、タンパク質がコラーゲンに変わり骨の土台として新しく作られ、その土台にカルシウムやマグネシウムがついて強化されます。

 

タンパク質が多く含まれる食べ物は、肉類(牛肉、豚肉、鶏肉)、魚類(ぶり、サバ、マグロ、アジ、サンマ、カニ、エビなど)、豆類(納豆、豆腐、豆乳など)、乳製品(牛乳、チーズなど)があります。

身長を伸ばす栄養素と食べ物:カルシウム

カルシウムといったら身長を伸ばす栄養素と言われていましたが、実は、現代の子供にとっては、あまり身長差に影響しない栄養素なんですよ。
そこそこのカルシウムは、日常生活の中でとれているためです。

 

カルシウムの吸収効率を上げるにに、ビタミンCやビタミンC、骨密度を上げるため、ビタミンKやマグネシウムを一緒に取ると、効果的です。

 

カルシウムを含む食べ物は、乳製品(牛乳、チーズなど)、海産物(ワカサギ、しらす、小魚、煮干し、エビ、わかめ)、野菜(小松菜、野沢菜、大根菜、チンゲン菜)、大豆製品(豆乳、豆腐、納豆など)などが多いです。

身長を伸ばす栄養素と食べ物:マグネシウム

マグネシウムは、骨を構成する栄養素として知られ、カルシウムとの比が2対1になるように摂取することが望まれます。

 

マグネシウムを含む食べ物は、特に天然のにがりを作った木綿豆腐、魚類(イワシ、カツオ、牡蠣、アサリなど)、ナッツ類(落花生、アーモンド、クルミなど)、野菜(ほうれん草、ゴボウなど)があります。

身長を伸ばす栄養素と食べ物:亜鉛

亜鉛は、細胞を作る時に欠かせない栄養素のため、骨を伸ばす際に必ず必要になります。また、成長ホルモンの分泌にも関係する栄養素です。

 

亜鉛を多く含む食品は、魚介類(牡蠣、ホタテ、アサリ、魚の内臓)、肉類(モモ肉、レバー)、豆類(大豆製品の納豆やきな粉など)、胡麻やクルミにも多く含まれます。

身長を伸ばす栄養素と食べ物:ビタミン類

ビタミンDは、カルシウムの吸収に欠かせない栄養素です。
太陽に浴びることで生成されるとともに、キノコ類(シイタケ、シメジ、干しシイタケ)や魚類(ぶり、鮭、イワシなど)に多く含まれます。

 

ビタミンKは、カルシムの溶出を防ぐ役割があります。大人になってからのカルシウムの溶出での骨粗しょう症などを防ぐ意味でも成長期にたくさん摂取して強い骨を作るようにしましょう。

 

ビタミンKを多く含む食べ物は、ほうれん草などの青菜、大豆製品などになります。

まとめ

子供の身長を伸ばすのに必要な栄養素は、すべての栄養素をバランスよく摂取することです。
その中で特に重要なのが、アルギニンやたんぱく質です。

 

大規模調査で、健康な子供において有意差があることが分かっているので、身長を伸ばすなら不足がないようにシッカリ、食べるようにしてくださいね。

 

 

健康な子供の身長の伸びとアルギニンは統計学的に関係あり!

 

 

もちろん、不足しがちなものを、栄養補助食品で補うこともできます。

 

毎日アルギニンやタンパク質を食べ続けるのが大変だと思うなら身長サプリを選んでみてくださいね。

 

 

 

子供の身長を伸ばす効果があるサプリを徹底解説!


ホーム RSS購読 サイトマップ